Fade In WORK LIFE BARANCE & COMMUNICATION

企業の経営戦略としてのWLB

今後の人事戦略の『カギ』はワーク・ライフ・バランスが握る。

ワーク・ライフバランスで、なぜ企業の業績が伸びるのか?この理由を知らずに、大企業も中小企業も今後の成長戦略は描けません。

急速に少子高齢化が進む人口減少時代において、人材確保という課題は企業経営においてよりクローズアップされることは間違いありません。これは社会構造的要因によるものであるため、従来のように増員出来るまで在籍している社員の長時間労働で対応するという方法では解決出来ません。むしろ、長時間労働が恒常化して社員のメンタルヘルス疾患が増える可能性や、集中力の欠如による生産性低下などのリスクが大きくなることが懸念されます。この解決策こそ、ワーク・ライフ・バランスを重視した個人の生き方や人生の段階に応じて多様な働き方の選択を可能とする、職場の意識や職場風土の改革、そして就労制度や評価体制の整備です。

具体的には、若年層、子育て層、介護層、高齢層など従業員のライフステージに応じたニーズへの対応や女性の活用などが主な課題となります。つまり、ワーク・ライフ・バランスへの対応こそが、企業の活力や競争力の源泉である有能な人材の確保・育成・定着の可能性を高めるものであり、とりわけ現状でも人材確保が困難な中小企業において、これらの段組のメリットは大きく、これをきっかけとして業務の見直しなどにより生産性向上につなげることも可能です。だから、今後、企業が成長するためにはワーク・ライフ・バランスへの対応が不可欠なのです。

ただし、その具体策は課題とともに、まさに“千社万別”あるといっても過言ではありません。私たちは、1社さまごとにオーダメイドでその解決策を見出します。