Fade In WORK LIFE BARANCE & COMMUNICATION

次世代のためのWLB

新時代に向けたキャリア教育

若い人たちは自分の生き方を、親をロールモデルとして考えています。それほど裕福ではないけれど、父親は家族のために一生懸命働き、母親は家族のために家事育児に勤しみ、それが幸せな家族のあり方だととらえています。 しかし時代は変わりました。女性においては「専業主婦という選択肢はない」のです。

今の日本は働く女性の6割が第1子を出産時に会社を辞めています。これは20年前の水準と何も変わっていません。 会社を辞めた女性の6割が、子育てが一段落したときに非正規雇用で社会復帰しています。この場合、65歳まで非正規雇用でつとめたとすると、生涯収入はおよそ5000万円。しかし、結婚・出産を経ても定年まで仕事をした場合の女性の生涯収入は2億5千万円。2億以上の収入差が生まれるのです。

現在、社会問題になっている子どもの貧困も、女性が継続就業できなかったことが理由の一つです。これからはどんなライフイベントを迎えようと、自分の力で生きていくことを男女ともに教育のなかで伝えていくことが必要です。

誰にも予想できない未来をどう生きるのか、仕事と家庭をどのようなバランスで生活したいのか、そして自分の夢をどう掴むのか。未来を担う若者たちの、シアワセな人生を描くお手伝いをしたいと思っています。